FXの最初の資金はいくらが適正か解説

FX口座へいくら入れればいいの?初回入金額の目安を提案!!

FXを始める時、
実際、どれぐらいの資金が最初に必要でしょうか?

資金

 

証拠金、取引金額、レバレッジによって
損益の金額も変わりますので、
それぞれで見ていきましょう!

 

次の表は、
米ドル/円ペアを取引する際、
レバレッジごとの損益や、目安の初回入金額を示したものです。

 

レバレッジごとの初回入金額表
目安金額は、あくまで管理人の判断ですし、
この金額があれば絶対安全とは言えません。
ただ管理人ならこの金額で始めますよ、という目安です。

話を聞く女の子

 

初回入金額から証拠金を差し引いた額は、余裕資金です。
この余裕資金は、多い方がいいのは言うまでもありません。

 

各FX会社には、「必要証拠金」という金額が、設定されています。
これは、取引額に対して、入金されていないといけない最低の金額です。

 

レバレッジ25倍が国内業者の最大倍率ですので、
【取引額÷25=取引額の4%】
取引額の4%を必要証拠金のラインにしている会社が多いです。

例えば、
レバレッジ5倍で、10,000ドルを購入する場合の取引金額は、
10,000ドル×100円=1,000,000円となり、

 

必要証拠金は、
1,000,000円÷5倍=200,000円
200,000円となります。

 

また、証拠金維持率は、100%を下回ると危険とされています。
FX会社によって異なるのですが、
ある基準値を下回ると、
強制的に決済されてしまう「ロスカット」というシステムが発動してしまいます。

 

ロスカットが発動する基準値(ロスカットライン)は、
外為どっとコムや、GMOクリック証券は、100%。
SBI FXトレードなら、50%と各社決まっています。

 

このロスカットというシステムは、
入金した資金以上の損失を拡大させないようにあるものです。
FX会社にとっても、トレーダーにとっても、
大きな損失になることは、デメリットです。

くまのポイント!

 

ただし、ロスカットは、
為替の大変動時は、ロスカットラインからずれることもあり、
更なる損失を出す可能性もあります。
得てして、損失が出る場合は、大変動時が多いものです。

 

大事なことは、
いかにロスカットされないように、取引するかです。

 

管理人は、安全の為、証拠金維持率を、
300%前後に保っています。

 

ロスカットについてのルールは、
各社ホームページに開示されていますので、確認してみてください。

 

 

arrowトップページへ戻る