FXを始めたい人は必見!オススメのFX会社を紹介!

財テクとは?

財テクによる収入グラフ

財テクとは、「財務テクノロジー」の略で、
もともと企業が、余剰資金を株式や債券、土地などに投資をして、資金の運用を多様化・効率化するための方法を言いますが、
今では、個人での場合にも当てはめて使いますね。

 

個人のやる財テクですが、基本的に、「コツコツ、少しずつ損せずに小さい額ながらも着実に資金を貯めこむ。」みたいな印象がありますよね。

財テクによる収入グラフ

身近なものでは、ショッピングで利用するお店のポイントカードや、イオンで利用できるWAONのような電子マネーで割引をしたり、クレジットカードのポイント制度ですね。

 

これらは、割り引くことで、浮いたお金を貯めていくって形だと思います。

 

一番シンプルなのは、定期預金ですが、日本は低金利過ぎて、利息はほとんどつきませんね。

 

でも、もうちょっと効率の良い財テクってないもんでしょうか?
といった疑問に、良く出てくるのが、FXです。

 

FXのメリット・デメリット

ここで、財テクとしてのFXは、安全に資産を増やせるのか?を考えてみます。
FXのメリットデメリットを洗い出してみます。

 

FXのメリット

OK

  • 少額で始められる
  • 取引コストは安い
  • 24時間取引できる
  • レバレッジを利用すれば、大きい額を投資できる
  • 為替の変動が大きければ、一瞬で大きな利益を得られる
  • 通貨の売買なので、株式のように企業が倒産してしまうようなことはない。
  • 金利差益を狙うコツコツ長期型運用も可能

 

FXのデメリット

NO

  • 短期取引だと、チャートにへばりついていないといけない。
  • レバレッジを利用すると、大きい損失を生むことがある。
  • 為替の変動が大きければ、一瞬で大きな損失を被る。
  • ポジションを持つと、気になって、普段の仕事に影響がある。
  • 24時間取引可能なので、寝てる間に相場が大変動する場合もある。
  • ほとんどがネット環境下での取引なので、システムダウンなどの不具合の影響を被ることもある。

 

さて、上の、FXのメリット・デメリットはいかがでしょうか?

 

「レバレッジ」や「24時間取引可能」といった項目は、損にも得にもつながりますね。
見えてくるのが、いかにFXの特徴を理解して、自分なりのルール作りをしていくかがカギなんです。

 

FX取引のルール作り

ルール作りとして、最低限やっとかないといけない事は、以下です。

ルールを守ろう

  • 運用資産額(余裕資金)はいくらまでか決定しておく。
  • FXの為に割ける時間帯を決め、その時間内で可能な取引スタイルを決める。
  • 実戦取引では、「利益確定のレート」、「口座に預けた預託金を上回らない損切するレート」を毎回必ず決めておく。

以上の3つです。

 

他にも、「この経済指標は必ずチェックする」だとか細かいルールもあるでしょうが、
管理人は、上の3つが重要で、
「如何に損失を最小限にとどめるか」というルール作りをすることがFX取引の基本
となると考えています。

 

あとは、決めたルールを必ず守るだけです。

 

この「ルールを守る」という部分が肝なんですが、
人間は欲と未練の塊です。
「もう少しすれば、相場は戻るだろう。」とか自分の分析を信じたくなります。
でも、間違うことだってあります。それはプロのトレーダーだって同じです。

 

ですから、いかに、自分の決めたルールを守りながら取引できるかにかかっています。

 

おすすめ

ルールさえ守れば、大きな損はしません。
だってレバレッジを掛けなければ、預けた資金以上の損失が出ることは、ありませんから!

 

この「ルールを守る」ことを前提にすれば、FXは財テクとして、かなりおすすめですね。

 

 

arrowトップページへ戻る